:::サイトマップ:::相談窓口:::

 home法人設立許認可申請経営法務外国人離婚相談相続・遺言消費者問題電子文例・書式事業所概要

 

::::::法人設立

会社設立の流れ

会社の種類

法人設立費用について

商号の決定―類似商号調査

会社の全容を決定する

発起人会の開催

定款の作成

出資手続き

取締役.監査役の選任

登記手続き

諸官庁への届出

 

top>法人設立>会社設立>会社の種類

会社の種類
株式会社

広く一般から出資者を募り、1,000万円以上の資本金で設立します。 株主はその有する株式の引受価額を限度として責任を負います。(間接有限責任)

 

合名会社

人以上の無限責任社員によって組織される会社です。各社員(無限責任社員)は、定款に別段の定めがないときは、会社の業務を執行する権利を有し、会社の利害関係者に対して全ての責務を負います。(無限責任)会社財産で会社の債務を完済できないときは、各社員は連帯して、その弁済の責任を負います。

 

合資会社

有限責任社員と無限責任社員によって組織される会社です。有限責任社員は会社の業務を執行したり、会社を代表することはできません。その出資額を限度として会社の債務を弁済すればいいのです。無限責任社員は定款に別段の定めがないときは、会社の業務を執行する権利を有し、会社の利害関係者に対して全ての責務を負います(無限責任)。会社財産で会社の債務を完済できないときは、各社員は連帯して、その弁済の責任を負います。

 

株式会社

合名会社

合資会社

合同会社

出資者の数

1名〜無制限

1名〜無制限

2名〜無制限

1名〜無制限

出資者の呼称

株主

社員

無限責任社員
有限責任社員

有限責任社員

最低資本金額

規程なし

規程なし

規程なし

規程なし

出資者責任範囲

出資金額内

債務金額

1.無限責任社員は債務金額
2.有限責任社員は出資金額内

出資金額内

出資分の譲渡

原則として自由

社員の承諾があれば譲渡可能

無限責任社員の承諾により可能

社員の承諾があれば譲渡可能

出資分譲渡の制限

定款で制限できる

同上

同上

同上

経営者の数

取締役3名以上監査役1名以上 (取締役会被設置会社は1名でも可)

全社員が経営者

無限責任社員が経営者

全社員が経営者

役員の任期

取締役 2年
監査役 4年

(定款で10年までのばせる)

無期限

無期限

無期限

会社の代表者

代表取締役

1.社員
2.代表社員を定めてもよい

1.無限責任社員
2.代表社員を定めてもよい

1.社員
2.代表社員を定めてもよい

最高決定機関

株主総会

全社員の同意

全社員の同意

全社員の同意

 

次へ

 CopyRight(c) 2005 丸の内経営法務 All Rights Reserved.

▲ページトップへ

 home法人設立許認可申請経営法務外国人離婚相談相続・遺言消費者問題

電子文例・書式 事業所概要サイトマップ相談窓口 e-mail: info@maruho.biz