:::サイトマップ:::相談窓口:::

 home法人設立許認可申請経営法務外国人離婚相談相続・遺言消費者問題電子文例・書式事業所概要

 

::::::法人設立

会社設立の流れ

会社の種類

法人設立費用について

商号の決定―類似商号調査

会社の全容を決定する

発起人会の開催

定款の作成

出資手続き

取締役.監査役の選任

登記手続き

諸官庁への届出

 

top>法人設立>会社設立>取締役・監査役の選任

取締役・監査役の選任

定款の記載で定める

一般的には、定款で取締役及び監査役を列挙します。ただし、 代表取締役の選任は、別の手続が必要となります。取締役の選任と代表取締役の選任は全く別のものであると解釈してください。

 

就任の承諾

定款の記載により取締役及び監査役が選任された場合、就任承諾書は必要ありません。ただし、発起人以外の人が就任する場合には、以下のような就任承諾書が 必要となります。

 

取締役会の開催

株式の払込が終了した直後、すみやかに取締役会を開催します。開催の目的は、 代表取締役の選任です。代表取締役が、設立登記の申請人となるので、必ず開催しなければなりません。

  • 代表取締役の選任

  • 本店所在地を決定

  • 取締役会議事録の作成

取締役・監査役の調査

取締役・監査役は、設立手続きについて、登記申請の前に発行株式が全部引き受けられたか及び 引受株式の払込があったかを調査しなければなりません。
 

必要書類

  • 取締役就任承諾書

  • 取締役会議事録

  • 調査書

次へ

 CopyRight(c) 2005 丸の内経営法務 All Rights Reserved.

▲ページトップへ

 home法人設立許認可申請経営法務外国人離婚相談相続・遺言消費者問題

電子文例・書式 事業所概要サイトマップ相談窓口 e-mail: info@maruho.biz