:::サイトマップ:::相談窓口:::

 home法人設立許認可申請経営法務外国人離婚相談相続・遺言消費者問題電子文例・書式事業所概要

 

::::::消費者問題

消費者契約法により契約を取り消す

クーリングオフにより契約を解除

悪徳商法被害者救済

先物取引被害

クレジット・サラ金問題

自己破産による借金整理

特定調停による借金整理

民事再生法による

借金整理

小規模個人再生手続

給与所得者等再生手続

住宅資金貸付債権の特則

 

top>消費者問題>民事再生法による借金整理>住宅資金貸付債権

住宅資金貸付債権

一般の民事再生手続き、小規模個人再生手続き、給与所得者等再生手続きなど選択してこれらの手続きをするときに、別枠で住宅資金特別条項を定めた再生計画を提出することにより、特別条項を含めた再生計画が裁判所の認可決定により成立します。

 

住宅資金特別条項の内容

  • 「期限の利益を回復する内容」の特別条項

    分割払いが滞り、利息分と残債全額を支払わなければならない状態から、また分割払いを認める(期限の利益の回復)条項

  • 「最終弁済期を延長」する特別条項

    約定最終弁済期から10年を超えず、そのときの債務者の年齢が70歳を超えない範囲で、最終弁済期を延長する条項

  • 「元本の一部を猶予」する特別条項

    元本の一部の弁済を猶予するためには、

    • 約定利息を支払うこと

    • 再生計画認可決定後の利息は、元の住宅ローン契約の基準に概ね沿うものであること

    などの、条件を満たさなければなりません。

    *住宅ローン債権が免除になったり、減額されたりすることはありません。

住宅資金貸付債権がある場合の手続きの流れ

 

 

 CopyRight(c) 2005 丸の内経営法務 All Rights Reserved.

▲ページトップへ

 home法人設立許認可申請経営法務外国人離婚相談相続・遺言消費者問題

電子文例・書式 事業所概要サイトマップ相談窓口 e-mail: info@maruho.biz